初めて親に飯をおごった話。

昨日、恥ずかしながら25歳にして、初めての給料を貰った。

(月半分のバイト 10万以下)

その金で、自分の資格取得の為の投資の金を計算して

(資格試験申し込み代金、テキスト、ハンディスキャナー)

家に金を入れても多少余りそうなので、初任給で家族食事に行った。

 

親が喜んでくれて嬉しかったな、今まで迷惑をかけた分、これからは

少しずつでも恩返しをして、これから先、親が安心できるように

良い行動(資格試験 健康的な運動)を積み重ねて行きたいね。

 

親が飯を食べている時に、こういう行動が一番やる気に繋がるんだなと感じた。

 

いずれは、料亭にでも連れていけるようにしたいし、もっと良い暮らしをさせて

あげたい、良い車に載せてあげたい。そう思う。

 

全て資格試験の勉強が叶えてくれるわけでは、もちろん無いだろうが、でも今の自分が出来る最善の行動は、勉強だと確信を持ってやっている。

 

少なくとも25歳からの生き方は、努力に努力を重ねたんだなと証明出来る物は

資格試験勉強しか無い(と信じてる)

 

初めて給料を貰って、また新たな気持ちで、今日から頑張ろう。